配偶者や家族にバレたくない一心で、自力の解決を試みる人が多いようです。

一般主婦が借金地獄に!?ソフト闇金に手を出すきっかけとハマる罠

主婦もハマるソフト闇金

ソフト闇金の被害者で増加しているのが主婦です。
なぜ主婦もハマってしまうのでしょうか?ソフト闇金だけではない貸金業界の闇や問題点について解説します。

 

 

主婦でも借入できるサービスが増加

 

ソフト闇金以外でも以下の方法で資金調達できます。

・消費者金融
・銀行のカードローン
・クレジットカード現金化
・質屋やメルカリ(ブランド品を売る)

 

昨今では、主婦でもパートなどの収入があれば借入できる貸金サービスが増えています。
また、専業主婦など収入が一切なくても独身時代に作った自分名義のクレジットカードを使って現金化する方法もあります。
主婦でも正規・非正規を問わず資金調達する需要は拡大しています。

 

ソフト闇金利用者には主婦も

しかし、主婦の場合は自分自身の収入が少ないため、借金を繰り返すと自力での返済が難しくなり、他の方法で資金調達して解決しようとします。
大半のケースでは夫に内緒で借金をしているので、返済が滞って自宅や夫に連絡が行きそうになると、ソフト闇金だと分かっていても利用してしまう方が多いです。
ソフト闇金は優しい対応で新規客への接客も丁寧です。
正規業者ではシビアに対応される主婦は、上客として扱ってくれるソフト闇金の甘い罠にハマってしまう方が多数います。

 

 

女性は依存症になりやすい

 

主婦でソフト闇金を利用する主な理由は以下の通りです。

・ギャンブル
・ホスト
・ブランド品
・その他の主婦同士の三重

女性はブランド品にはまりやすい
女性は男性に比べて、一度依存症になると抜け出すのが困難だと言われています。

パチンコを辞められない主婦が多いのは昔から有名な話です。
最近ではSNSの普及によってリア充をアピールしようとしてソフト闇金を利用するケースが増えています。
ブランド品を身に着けた姿の写真を公開したり、子供に英才教育をしていることをSNSでアピールして自己満足しています。
ギャンブル依存、SNS依存、ホスト通いなど入り口は些細なことでも、どんどんエスカレートして借金地獄に陥って最終的にたどり着くのがソフト闇金です。
主婦はネット集客している業者に騙されるケースが多く、お金の相談をできる人がいない中でも手軽に借金できるソフト闇金に興味を持ちやすいです。

 

 

闇金は主婦を上客だと考えている

 

正規業者はフルタイムで働いていない主婦には厳しい審査で対応していますが、ソフト闇金は夫の存在を確認できた時点でほぼ確実に融資してくれます。
主婦の場合は、夫にバレることを恐れているので、どんなことをしても自力で解決しようとします。
最初の段階はブランド品を売ったり生活費を節約して返済資金を工面します。
それでも対処できなければ、ソフト闇金の紹介する風俗店で日中だけ働いたり、定期貯金や積立保険を解約してでも払ってくれるものです。
夫婦円満なら家庭を壊したくない、離婚を考えているような主婦は借金が明らかになることで不利な要素を増やしたくない理由で手段を選ばずに自力で解決しようとしてきます。
男性以上に周囲へバレることを嫌がるので、弁護士に相談する事例も少ないです。