リピーター獲得のためにソフト闇金は穏やかな対応をしているようです。

集客に苦労している?ソフト闇金の対応が優しい理由とは

対応が優しい理由とは

ソフト闇金の対応が優しい理由は、集客に苦労していることと、債務者を追い込んで債務整理や弁護士介入に発展する事態を恐れているからです。
ソフト闇金を利用する人は基本的に大手消費者金融の審査に落ちた経験を持っています。
長時間待たされた結果審査に通らなかったり、門前払いで受け入れてもらえないなど、事務的で冷酷な対応に不満を持っている方が多いです。
ソフト闇金は正規業者とは異なる審査を行い、柔軟で優しい対応を行うことで利用者に信用されて心を掴もうとしてきます。

 

 

 

ソフト闇金は儲からない

ソフト闇金業者は経営が厳しい

従来の闇金は利用者に対して全て元本の数倍の回収をすることで利益を上げていました。
ボロ儲けになると思う方もいますが、闇金の回収は人件費がかかりますし、夜逃げで貸し倒れになってしまうケースも少なくありません。

 

ソフト闇金を利用する人の多くは、当初約束した期日通りの返済を行い、元本に対して2~3割の利息を払って取引を完結しています。
正規業者を使えば1~2年かかって発生するような利息を1週間から1カ月ほどの短期間で徴収しているので利益率は高いです。
なかには返済遅延を起こしてからの回収に成功して元本の数倍の利益が出ることもあります。
しかし、弁護士介入による貸し倒れが闇金全盛期の時代よりも増えていて、基本的に客1人あたりの利益率の低い闇金は数件の貸し倒れが大きな負担になります。
利益を出すには、利用者を増やすしかないのですが、貸金業法の法改正や闇金業者への取り締まりが厳しくなったことで、街中で堂々と集客する行為が難しくなっています。

 

闇金よりも単価を大幅に下げた中で利用者を獲得する効果的な方法が紹介です。
ネットで闇金の手法が明らかにされた現代においては、実際に利用したことのある人からの紹介は信用へ繋がります。
お金を持っていない人のまわりにはお金を持っていない人が集まる特性を利用して、優しい対応で客に満足してもらって仲良くなることで紹介客やリピーターを増やす取り組みをしています。

 

 

 

弁護士介入を恐れている
ソフト闇金業者の問題に取り組む弁護士

ソフト闇金を利用する人の多くは、無届業者から法外な金利による貸付は違法かつ法的に無効な契約であることを理解しています。
しかし、家族や職場にバレたくないという思いや、実際にお金を借りている後ろめたさから、弁護士を利用せずに法外な金利で計算される利息を払って自分1人の力で解決しようとしています。
これは、闇金を利用する人にも共通のことです。
借りるときは返済計画があって、借りたお金は返すのが筋だと思って利用していても、短期返済拒否されると元本が数倍に膨らんでしまい、10日ごとに数万円から数十万円の利息を払う状況になると、自分1人の力では解決できなくなります。
借金する人は、自分1人で解決できなくなって家族にバレるのであれば、弁護士に相談して法的解決をしたほうがマシだと考えます。
また、周囲に相談することによって弁護士への相談を助言されることも多いです。

 

ソフト闇金は利用者を追い込んだり、信用を失わせるようなことをして弁護士介入される事態を避けています。
お金を借りた責任感と担当者の誠意で利息を払うことでの解決を目指すようにする目的で優しい対応をしています。