ソフト闇金での審査は夜逃げや弁護士介入のリスクの有無を見定めるものです。

債務整理や和解履歴はバレる?ソフト闇金の審査はどのように行われるのか

ソフト闇金での審査

ソフト闇金の審査の基準は?

ソフト闇金は正規業者から借りられないブラックの人でも利用できます。
一部の業者では「審査なしで誰にでも融資する」と紹介していますが、完全に審査がないワケではなく状況に応じた基準や条件を満たす必要があります。

 

ソフト闇金は何かひとつ大きな問題があると、検討する余地なく審査に落ちるのではなく、ケースバイケースで回収できる見込みの確認作業が行われます。
正規業者からの借入履歴ではなく、逃げられて音信不通になってしまうリスクや、弁護士に相談されるリスクを懸念しています。

 

 

債務整理や闇金相手の和解履歴はバレる?

 

消費者金融や銀行、カード会社は信用情報機関による共有サービスを使って申込者の過去の借入履歴をチェック
しています。
返済遅延、債務整理などの履歴は事故情報として掲載され、信用情報機関の事故情報のことが俗に言うブラックリストです。

信用情報機関の情報を閲覧できるのは、銀行や消費者金融などの正規業者と本人、および本人の承諾書を受領した者(原則家族)です。
ソフト闇金は非正規業者なので、基本的に信用情報機関の閲覧をできません。
ただし、一部のソフト闇金は外部業者と連携して信用情報機関を閲覧できるネットワークを持っていたり、ソフト闇金同士のグループや提携ネットワークで、ソフト闇金が判断した独自のブラックリストを共有しています。

ブラックリストのイメージ画像
根本的にソフト闇金の利用者はブラックリスト掲載者で、返済遅延や貸し倒れがあっても問題ありません。

債務整理を行っていても、現在の収入が安定していれば柔軟な審査をしてもらえます。
一番懸念しないといけないのが、過去に闇金を利用して弁護士介入による和解(借金の無効を主張)した場合です。
ソフト闇金は業者によっては審査不要で誰でも利用できますが、弁護士介入で闇金とやりあった履歴が判明すると審査に通るケースは少ないです。
業者は名称を変えて複数の店舗を運営していることがあります。
信用情報機関の情報は確認できないので、1社の審査に落ちても他のソフト闇金を利用すれば審査に通過するケースがあります。

 

 

夜逃げリスクを警戒される

 

ソフト闇金の審査内容の一例をご覧ください。

 

STEP1
現在の仕事の安定性をチェック(正社員、待遇など)

現在の仕事を簡単に辞めないと判断した場合は審査通過、不安要素があればSTEP2
STEP2
家が持ち家、学校へ通っている子供がいるなど夜逃げ(無断の引っ越し)されるリスクの確認

引っ越しリスクが少ないと判断されれば審査通過、不安要素があればSTEP3
STEP3
親や配偶者など周囲へ取り立てできる相手がいる

いる場合は情報提出と電話確認で審査通過、弁済請求できる人がいなければSTEP4
STEP4
不動産、車、ブランド品など担保にできそうなものがある

担保があれば評価額に応じた融資、担保にできるものがなければSTEP5
STEP5
その他の方法で返済できなくなっても逃げないということを証明できる

 

 

業者によって順番や内容は異なりますが、返済できるかよりも逃げないか?ということを一番懸念しています。
STEP5まで問題なくても紹介者のいる場合や、恋人など弱みを握れる環境があれば審査に通ります。
身寄り、仕事、まともな家もない場合はソフト闇金でも審査に通らないことがあります。
審査不要と明言している業者でも不可能な提出書類を求められることがあるので注意しましょう。

 

 

在籍確認、電話連絡

 

ソフト闇金によっては、勤務先や実家の親に申込情報が嘘ではないか確認の電話を入れます。
もちろん、ソフト闇金であることや在籍確認の旨を隠して上手に連絡してくれます。
在籍確認や電話連絡を拒否する場合は、申込情報を証明する書類の提出で認めてもらえるケースもあります。