ソフト闇金の場合計画通りの返済をすれば借金地獄に陥る心配はありません。

利息や手口は同じなの?ソフト闇金と闇金の違いを解説!

ソフト闇金と闇金の違い

ソフト闇金と闇金の大きな違いは、短期返済すればすぐに借金地獄から脱出できることです。
ソフト闇金業者によって金利や利息は様々ですが、一般的には1週間で2割など闇金と同じような金利で対応しています。
闇金は一度借りてしまうと縁を切るのが大変ですが、ソフト闇金は計画通りに返済すれば問題ありません。
また、一昔前の闇金のように、スタッフは強面の人ではなく、見た目や対応は普通の人で優しい対応をするのがソフト闇金の特徴です。

 

 

闇金の行う短期返済拒否

返済拒否する闇金業者

闇金の手法で有名なのがトイチ(10日で1割)による貸付です。
実際にはトイチは限られた上客のみの特別条件で、新規客はトニやトサン(10日で2割・3割)と年利になおすと500%以上の法外条件で行っています。
しかし、正規業者から借金できないブラックの人は10日で3割であっても、その場を乗り切れるのであれば利用しようとする人がいます。
仮に10万円借りて10日後の13万円で返せばいいのであれば、一時的な資金難を解決したいと思って利用する需要があります。
ここまでは、ソフト闇金にも共通したことです。

 

闇金の恐ろしいところは、10日後に利息を含めて完済しようとすると返済拒否してくることです。
闇金は1人の顧客に対して最低でも元本の数倍は回収しようとしてきます。
2~3カ月返済拒否すると利息だけで元本の数倍になります。当然、闇金を利用する人はまとまった資金を用意できないので、利息だけ回収して元本の減らない状況を作りだそうとしてきます。

 

10万円をトサンで借りた場合
元本100,000円
10日後130,000円
20日後169,000円
30日後219,700円
40日後285,610円
50日後371,293円
60日後482,680円

 

ソフト闇金は、短期返済拒否することはなく、元本に対して2~3割の回収でも納得してくれます。
当初の計画通りに利用できた人は、ソフト闇金を使ったことを後悔しません。返済が滞ると闇金と同様に借金が数倍に膨れ上がります。
給料やボーナスなど収入の入ってくる見込みのある中でソフト闇金を利用する方が多いです。
つまり、利用者はすべて限界まで絞り取ろうとしてくるのが闇金、法外金利だけど筋の通った対応をして、返済できるお客には最後まで優しい対応を突き通すのがソフト闇金です。

 

 

回収の方法に大きな違いはない

ソフト闇金も悪徳業者

ソフト闇金は、テレビやマンガで見るような自宅に怒鳴り込んで大声を出したり張り紙をするような迷惑行為をしません。
これは闇金との差別化を図るためではなく、取り締まりの強化によって、闇金でも迷惑な取り立てを行うとすぐに検挙されてしまう時代に変わったからです。

 

対応はソフトですが、やることは闇金と同じです。
返済できなくなると、まずは親や家族などの身内から返済しようとしてきます。
周囲に迷惑をかけることが嫌だったら、業者の紹介する仕事で労働したり、特殊詐欺で使う口座を開設するなど犯罪に加担しないといけません。
返済できず提案も拒否すると親族や職場に連絡を入れられてしまいます。
約束を守れば最後まで優しい対応をしてくれますが、責任を果たせなくなった時の対応は闇金と同じです。