第26回 2017年2月8日講師 

株式会社 エフェクト 代表取締役 

カイゼンコンサルタント

 

石井 住枝

Sumie Ishii

 

HP/株式会社 エフェクト

トヨタのカイゼンのノウハウを誰でも活用できる様に、

わかりやすくお伝えし、結果を出していただきたい!

元トヨタ役員秘書・技術員・工場のカイゼン指導・営業等で

経験してきた17年のノウハウと視点を活かしたカイゼンコンサルタント

 

【プロフィール】

1986(S61)年~2002(H14)年トヨタ自動車㈱で役員秘書・社員研修などに携わる。さらに秘書力を極めるために自ら技術員に転じ、工場の安全衛生指導・設備安全設計・リスクマネジメント指導を担当、強い職場づくり・人づくりに成果を上げる。

その後、独立し株式会社エフェクト代表取締役として、経営ブレーンの「プロ秘書力」「段取り力実践講座」など主催する。

今回のセミナータイトルにもある「A3思考術講座」をはじめ、人財育成教育、秘書室支援、カイゼン指導、メンタルヘルス教育、脳活性化キャリア講師など現場実践の教育を行う。

出版プロデュース、中央区防災危機管理、リスクマネジメント、助成金サポート等展開。

日本伝統「文楽」、国際映画祭等プロデューサーなどイベントサポートなども行う。

 

▮専門分野

カイゼン人財育成、幹部研修、リスクマネジメント、管理機能強化コンサル

BCP(事業継続計画)教育、A3思考問題解決、脳タイプ別メンタルタフネス研修、

キャリアカウンセリング、社内検定構築、コーチング、助成金活用アドバイス 等

 

▮著書

  *「トヨタの役員秘書が見た トヨタのできる人の仕事ぶり 単行本」(中経出版

 14万部、年間ビジネス本ランキング全国7位 韓国版あり

 * 「トヨタの役員秘書が見た トヨタのできる人の仕事ぶり 文庫本」(中経出版)

 

 *「トヨタ流プロの仕事術 スタッフ力、秘書力を磨け!」(PHP研究所)

 *「「きちんとした人」は仕事ができる」(三笠書房)

 *「トヨタから学ぶ“ひもとき”の魔法」(KADOKAWA)

 *「できる人はなぜ「A3」で考えるのか?」(SBクリエイティブ) 台湾版あり 

 *「トヨタ流 仕事の教科書」(アチーブメント出版)  等

 

 


【講師を始めたきっかけと想い】

 

 

女性の発想力、創意工夫、段取り力はトヨタのカイゼンの考え方と共通項が多く、実際に秘書、技術員、工場のカイゼン指導、営業等実際に経験してきた17年のノウハウを広める事でカイゼンコンサルタントとしての活動が始まりました。トヨタのカイゼンのノウハウを誰でも活用できる様に、咀嚼して、事例を使いながら、わかりやすく伝え、結果を出していただくことが使命として活動しています。

 

●大変充実した一日となりました。話の中で、私は日ごろの業務の中で”何故それをするのか?”を考えずにいかに仕事をしているかに気がつきました。早速、今の仕事で見直すべきところを考えて月曜日から少しずつでもより良い仕事ができるようにしていきます。それからパワーポイントの画面がとても見やすく、私も社内での資料作りの際に参考にしなければと思いました。今日の講義で自分自身とても心がイキイキしてきて気持ちが明るくなりました、月曜日から会社へ行くのが楽しみです!(T.Nさん/女性)

●全体を通して具体例を多く説明して頂けたので、非常に分かり易く勉強になりました。「自分ならどうするだろう?」「今までの自分のやり方はどう改善できるだろう?」などと自問しながら石井さんのお話を聞きました。そのおかげで来週から実際この方法をトライしてみようというアイディアも浮かんできました。何よりも他業種の方々と交流できたことはとても良い刺激になりました。(A.Aさん/女性)

●「信頼をする(される)ために確認をする」という大切さを改めて感じました。上司から「貴方は迷った時必ず確認してくれるから判断に信頼できる」と言われたことがあり、このことだったのだと思いました。発想力の課題は、「会社がもうかる為に」と様々な考え方をできていないと反省しました。もっと周りのことを自社のことに置き換えて発想でき、上司にどんどん提案していけるような力を身に付けていきます。(S.Oさん/女性)

●相手(上司)の本心を引き出す質問を出してゆく」が印象に残りました。上司や周囲とのやりとりの中で、くどいかなと思わずもう一歩踏み込んで質問をしていき、より深く詳しい情報を得て的確にサポートしていきたいと思いました。フォーマットで、自分のキャリアを見直すために活用したいと思います。(R.Yさん/女性)