物腰は柔らかいものの、法外な利息を請求してくる点に関しては闇金と同じです。

優しい対応の悪徳業者!?ソフト闇金の手段と実態に迫る

ソフト闇金とは

ソフト闇金でお金を借りる人
ソフト闇金は利用者に対して優しい対応をする業者ですが実態は闇金と同じ様に法外な利息を請求してきます。

その穏やかな手法から借金に手を出す主婦も増えていますが深入りして大きなトラブルに発展するケースが増えています。
ソフト闇金の狡猾な手段や業者の実態に迫ります。

 

 

ソフト闇金の登場した経緯

 

ソフト闇金は2006年に国会成立、2010年に完全施工された改正貸金業法の影響で2000年代中盤に登場して急拡大した歴史を持ちます。
ソフト闇金誕生のキッカケになった改正貸金業法によって、消費者金融は以下のように変化しました。

・グレーゾーン金利の撤廃(主に最大29.2%→18.0%へ上限金利低下)
・年収の3分の1を超える貸付の禁止(総量規制)
・50万円以上の貸付もしくは他社の借入残高と新規融資希望額の合計が100万円を超えた場合の収入証明提出の義務化(総量規制)

 

改正貸金業法を簡単にまとめると、金利の下がったことと高額貸付に関するルールが追加されたため、審査に通りにくくなりました。
90年代からは消費者金融がテレビCMを頻繁に流すなど、キャッシングは当たり前のものとして世間に受け入れられて借入を繰り返す人が多数いました。
改正貸金業法によって、それまで借金を繰り返していた人が追加融資を受けられなくなって、その受け皿として普及したのが「ソフト闇金」です。

 

また、2000年代以降は取り締まりの強化によって、迷惑行為や詐欺行為を繰り返す通常の闇金が大幅に減少して、2000年代前半まであった看板を出した店舗型闇金業者は全滅しました。
闇金業者はネットや紹介などで集客方法を切り替える業者もいれば、特殊詐欺(振り込め詐欺)などを行う詐欺集団にシフトするなど、様々な形で分散しました。
ソフト闇金の多くは元闇金で、闇金の業態変化の一種とも言える存在です。

 

ソフト闇金でも専門家に相談を!

"ソフト"という俗称から「優しい」「穏便」という印象を抱くかもしれませんが、彼らの本質は闇金そのものです。
支払い遅延や返済拒否をすれば、ひとたび本性を表し徹底的な取り立てと職場・家族を巻き込んだ迷惑行為に発展します。

 

必ず「闇金相談」に特化した法律家へ相談し、適切な処置をされることを推奨します。

 

 

法改正はすべての人にメリットがあるとは限らない

 

改正貸金業法によって消費者金融(正規業者)の上限金利は引き下げられました。
審査に問題ない人にはメリットがありますが、審査に通らなくなった常連客は高金利でも改正前の方が良かったと思うものです。

 

似たような事例でパチンコの規制強化があります。
以前は大当たり確率399分の1のパチンコや1回の大当たりで700枚以上出るパチスロ機がありましたが、規制強化でなくなりました。
大負けするリスクを減らして、ギャンブル依存を減らす目的がありましたが、後継機が勝ちやすくなったワケでもなく、コアなファンは規制前の機種を打ちたがる要望があります。
こうした背景の中で、一部では違法運営する闇パチンコ店が登場して規制前の実機を通常と同じレートで提供しています。
ソフト闇金は闇パチンコと同じで違法と知っていながら利用しようとする需要があります。

 

 

 

ソフト闇金と改正前の消費者金融は同じ?
ソフト闇金に手を出し問題を抱えている男性

ソフト闇金はあくまでも闇金の一種で法律を守る概念やコンプライアンスがありません。
ソフト闇金の金利は実際のところは10日で2~3割取る一般的な闇金と大差ありません。
非正規業者のソフト闇金は、弁護士が介入すると回収できなくなるので、法改正前の正規業者の金利では採算が合いません。
闇金と違うのは、短期返済を拒否したり、迷惑行為による取り立てを行っていないことです。
取り立てについて、迷惑行為はなくても違法行為を多数行っています。

 

たとえば女性だったら風俗店の仕事、男性は土木作業員の仕事を斡旋したり、特殊詐欺用に口座の買い取り相談など犯罪行為への加担を提案してきます。
名前の通り闇金よりも対応はソフトですが、本質や手法は闇金と共通点が多いことを覚えておきましょう。
前述の闇パチンコ店など法規制によって登場したほかの違法サービスよりも悪質です。
闇金とソフト闇金の違いについては、コチラのページで詳しく紹介しています。
ソフト闇金と闇金の違い

 

 

 

ソフト闇金の集客方法

 

  • 紹介
  • リピーター
  • 電信柱などの違法チラシ
  • DM
  • メール
  • ホームページ

 

上記が主なソフト闇金の集客方法です。
この中で圧倒的に多いのが紹介とリピーターによる既存顧客によるものです。

 

闇金の場合は、詐欺に近い行為を相談すると10万円だけでも借りるように斡旋する押し売りによって、利用後に後悔する人が多いです。
ソフト闇金は優しい対応を行い、法律は無視するけど事前の説明通りの内容で貸付と回収を行っています。
利用者の満足度が高いことから、同じ境遇の友人・知人を紹介したり、再びお金に困ったときに再利用する需要を獲得しています。
ソフト闇金が優しくするのは集客目的だけではなく、警察や法律事務所に相談されると都合が悪くなることも関係しています。

 

対応が優しい理由とは

 

ソフト闇金に引っかかってしまったら

 

多くの利用者はソフト闇金だと理解した上で利用していて、自力で解決しています。
ソフト闇金を利用する人は、家族や職場など周囲にバレたくないという思いから法的解決を望んでいません。
短期間で完済できればいいですが、金利は法外に高い中で返済が滞ったり、長期化すると自力での解決が困難になります。
深入りしてしまった場合や、返済が困難もしくは返済したくないと思った場合はすぐに専門性のある弁護士に相談してください。
ソフト闇金は通常の闇金と同じで貸金業を行う届出を行っていないので借金自体が法的に無効で元本を返す必要もありません。

 

元本を含めて無効を主張すると家族にバレるリスクがありますが、専門性の高い弁護士を利用すると元本だけ返すことを条件に家族や職場に一切連絡しない約束で示談交渉を行ってもらうことも可能です。
行き詰った場合はもちろん、ソフト闇金を利用した後に少しでも後悔したり、返済金を節約したいと思ったら専門家に相談してください。